ある日突然大金持ちの目を残しておく生活

 単調な先に見えるものは生きていくことへの疲労感です。このまま生活していても先が計算できてしまう。

 ある日突然大金持ちになり、生活が一変する可能性を排除していませんか。例えば、少しずつ宝くじを買い続けるのも良いものです。日常が楽しくなります。

希望のある生活は大切です。

生活に張りが出ますし、活力がみなぎってきます。

逆に希望のない生活は目的もなく彷徨い歩いているようなものです。できればそんな生活から逃れたいと人は思うでしょう。

でも、現実の生活があります。生きていくためにはいろいろやらなくてはなりませんし、社会の一員として制約もあります。

自分の好きなように羽ばたくことなんてなかなかできません。

ではどうする?

お金があればやりたいこともできるでしょう。

お金さえあれば、極端な話ですが、今すぐちゃぶ台ひっくり返して会社を辞めてしまうことも可能です。やるかやらないかは別にして ‥‥。

それにお金さえあれば、ちゃぶ台返しはいつでもできるため、心に余裕が出てきます。だから、まあ今回は我慢しておこうとか、耐えることができるのです。

これがお金がないとつらいんです。

ちゃぶ台返しをしてしまうと、会社を辞めざる負えなくなり明日からの生活がままならない。だから我慢するしかないという、追い込まれた心理状態になります。

すると、消極的な心理状態になり、抑うつされた気分で日常を送ることになってしまいます。

でも今まで通りの生活を続ける限り、生活環境は変わりません。

それが分かっているからこそ、ますます追い込まれたつまらない日常生活を送ることになってしまうのです。

でも、ある日突然大金持ちになる権利を持つことができたらどうなりますか。

希望が出てきます。

希望さえあれば、毎日明るく暮らせるものなのです。

・具体的には?

お勧めなのは、宝くじを定期的に買い続けることです。

買った瞬間、大金持ちになれる権利が発生します。買わない限り可能性はゼロです。

もちろん可能性はほぼあり得ないような確率の低さですが、無いことはないのです。 そして、ここが重要です!

どんなに少額でも買うことによって大金を手にする権利が得られます。

なかなか宝くじ売り場に行けない人は、ネット販売をお勧めします。

当たれば振り込まれますから、いちいち確認することもありません。

ある日突然口座に大金が振り込まれているかも知れません。

そう考えただけで、夢は広がります。心に余裕が出てきます。

ここで注意しておかなければならないのは、宝くじ購入に費やする費用です。

あくまで小遣いの範囲内でなければなりません。生活費にまで手を出せば、帰って苦しくなりますし、それで上がる当選確率なんてたかが知れています。

私は2週間に一度だけ、1000円分のロト6を買うのですが、それで十分楽しいんです。

夢を買うと希望も買えてしまう。どうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA