未知への挑戦で癒しの実現

とかく人は安全策をとりがちです。なぜなら先が見通せるからです。つまり、リスクが低くなります。すると、安心です。でも、それが続くと単調に感じます。いずれ何かに不満を持つようになり、生活自体面白くなくなります。

たまには、未知のものに挑戦するのは絶対に必要なことです。


  • 人は生きていくうえで守るべきものを持っています。

家族や自分の生活など大きいものや些細なもの数えだしたらいくらでも出てきます。

それを意識するあまり、どうしても安全な方に向きがちです。

それは大事なことでもあります。 😕

常にリスクを求めて生きていくと、そんな人が集まった社会は先が見通せないものになってしまいます。

 

人は誰もが今日の生活が明日も続けば幸せだと考えます。

ではどうすればいいか? そこが問題です。

今安心して生活できているのであれば、今と同じことを続ければいい。

そう考えがちですが、それは違います。

明日の生活は、多くのリスクを伴った挑戦があって初めて成り立っているのですから。

ということは個々の人も今日より明日はよくなろうと思い、リスクをとって挑戦し続けている。

無意識に挑戦しているのかもしれません。

その結果として明日の生活も今日と同じように幸せな日々を迎えることができているわけです。

という原点を再認識すると、リスクを取らないことは後ろ向きなのです。

ですから、未知のことに挑戦するという意識を持ち続けることが大事です。

 

  • どんなことでもいいのです。

ほんの些細なことでも ‥‥

たとえば、毎朝6時に起きていたのを、15分だけ早く起きて出社する。

すると、今まで見たことのない情景が飛び込んでくるかもしれません。

いままで経験のないフランス語を学んでみる。

すると、言葉だけではなく、フランス自体に興味が持てるかもしれない。

もっと進んで、ヨーロッパの状況や社会までも、遠く日本にいながら知ろうとするかもしれません。

それは、広い教養につながり、他人にあなたの懐の深さを感じさせてくれるかもしれません。

いろんな挑戦が結局自分にとって心地よいものとなって戻ってくることになります。 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA