釣りで神経を研ぎすまし、心身リフレッシュ

波間に浮かぶ浮きを見つめ、微妙な動きに魚の気配を感じ取る。そして、間髪入れずに竿で合せる。それが釣りの醍醐味です。

集中できます。そして動物的感覚が養えます。


  • 釣りとはもっとも身近にある狩猟の一つだと思います。

しかも、身の危険を感じることは余りありません。

対象物は人よりはるかに小さな生き物です。

そういう意味で、身の危険というリスクをあまり伴うことなく、自然界の対象物に対する狩猟本能を呼び起こさせてくれるのです。 😕

釣りにはいろんなやり方がありますが、もっとも一般的なものは浮き釣りです。

つまり針に付けた餌に魚が食いついた時、その物理的変化が浮きに伝わりその変化を視覚的に感じ取る。

そして、その瞬間竿で合わせることによって、魚を釣るわけです。

しかし、理屈はシンプルですが、実際はそう簡単ではありません。

波や風によって、浮きがいろんな不規則変化を起こします。

それを読み取り、微妙な魚の引きを察知するわけです。

ある程度経験がいるでしょう。

それは多くの試行錯誤を意味します。

神経を集中し浮きの動きを見つづけ、そして今までになかった動きがないか、魚の気配を浮きに感じ取るわけです。

浮きが沈んでしまう程の当たりであればたやすいでしょう。

しかし、それは短時間で終わってしまいます。餌を食べたさかなは去り、浮きだけが波間を漂っている。

そんな状況になっても気が付かないことも多いのです。

どう対処するか?

神経を集中し研ぎ澄ますしかないのです

雑念がある限り、魚を釣ることは難しいでしょう。

獲物を狙うということはそういうことです。

相手も生き物ですから、必死です。それに勝つためには、こちらも最善を尽くすしかない。 👿

そんなときに雑念があって勝てるわけがありません。

自然の中に身を置き、獲物を得ようと神経を集中する。

そこには自分しか存在しません。人間社会はないのです。

どうですか? 始めてみませんか。

楽しいですよ  😀

 

釣りセット アウトドア 釣りざお、リール、鈎、オモリ、ウキ、サルカン ワーム、クリップ式釣鈴、専用ケース ( コンパクト・釣り糸2号 敬老の日 )リール&ケース付き 釣り竿セット ◇ 釣りセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA