狭い空間で癒しの実現

狭い空間にたたずみ自分一人の時間を過ごすと、あたかもリスやアナグマのように巣の中にいるような感覚が味わえます。外界と遮断された気分になり、冷静に自分を見つめ直せる気がします。

冬眠しているようで、ゆったり時間が過ぎて行き癒されます。


 

ストレスを感じているときや精神的にふさぎ込んでいる場合、宇宙や草原など広いものに触れると気分転換になるしストレス解消にもいいといわれます。 🙄

でも、癒しを味わう場合は、狭い空間で自分一人だけの時間を過ごすのも一つです。

  • 基本的に狭い空間にいれば落ち着きます。

広い部屋の真ん中に一人ぽつんと座っていても、そわそわしたり神経が不安定になりそうです。

いきなりドアを開けて誰かが入ってきそうな気がしたり、どこからか見張られているのではないかと不安になります。

その結果、ついつい部屋の片隅にへばりついてしまったりします。

人は背後に壁や障害物があるほうが、精神的に落ち着いていられます。

遠い昔、人類が外敵から身を守るために備わった本能的なものではないかと考えます。

タスミ保温テント 2-3人用 床無し DDASUMI Warm tent for 2-3persons No bottom (ミント)

逆に狭い空間にいると、落ち着きます。

身を隠しているような感覚を覚えるからです。

それは精神的安定をもたらし、狭い場所を独占し好きなことに時間を使っていれば、安心感や癒しを味わうことができるのです。

しかし、このような状態がずっと続けば、逆にこころが閉ざされてしまい何事につけても消極的な判断しかできなくなるのでは?

そういった心配は無用です。 😯

ある程度狭い空間に居続けると、癒しを通り越して飽きがきます。

外の空気を吸おうという気になるのです。

そして積極的に外に向かって出ていこうという気持ちになります。

要は日常生活においてもメリハリをつけてみる

これが大事だと思います。

 

狭い空間で何でもできてしまう。

寝る、デスクワーク、食事 ‥‥

こんなものもあるようです。

人をダメにするベッドらしいです。 😀

でも人間は決してダメにはならないと思います。

すべての用事が手の届く範囲で済ますことができるという意味でしょうか。

運動はまた別の場所で!

LOWYA (ロウヤ) 人をダメにするベッド ステーションベッド 宮・コンセント付き シングル ブラック×ウォルナット 一人暮らし おしゃれ 新生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA