古都めぐりでリフレッシュ

奈良市内から少し外れるだけで、いにしえの雰囲気を漂わせた自然豊でのどかな地域が広がります。古都奈良をのんびり歩き、疲れを癒すのも自分を取り戻す一つの手段でしょう。

見知らぬ土地に身を置き、自然と一体になるのはリフレッシュの醍醐味です。


 

  • インバウンド効果で全国の景勝地には観光客が押し寄せています。

京都は今さら言うまでもありません。

連日多くの外国人観光客や修学旅行生、それに日本人の一般旅行客でごった返しています。 😳

路線バスに乗るのでさえままならない状況ですが、中には少しゆっくり観光を楽しみたいという方もおられるのではないでしょうか。

  • そこにいくと、奈良はお勧めの場所です

京都とならび古い都ですが、京都よりさらに古く、これがまた違った文化の香りを漂わせ、いにしえ感を醸し出しているのです。

そして、奈良市内から少し外れるだけで、意外なほど人の気配は感じられないのです。

奈良市内からまほろば線や関西線に乗り数駅外れると、自然豊かで古墳や遺跡跡、それに万葉集などに出てくる有名な山々がまじかに見られます。

  • おすすめは、桜井から天理に至る古道・山の辺の道です。

なだらかな山の斜面に沿ってつづく古道の途中には、一千年以上も前の神社仏閣それに古墳などが点在し、また遠くには奈良平野が一望できます。

季節の良い春や秋に訪れると、心地よい風が吹き心が洗われるようです。

けっこうな距離(約35km)なので、よく整備された桜井~石上神社16.5kmでも十分です。

自分の足と相談しながら休み休みでもいいですし、途中まで歩きあとはまほろば線に乗ることもできます。

ですから、踏破しなければならないわけでもなく、のんびりと歩けばいいわけで、ゆったりと自然を楽しみながら散策できるというメリットがあります。

途中森もあり、森林浴もできます。 😮

深緑の頃はフィトンチッド効果も期待できるでしょう。

また、途中には茶店や喫茶店などで一休みし、昼時はランチもいただけます。

遠隔地の方は、もし観光で奈良に来られる機会があれば、奈良市内の神社仏閣のみならず日頃はあまり足を踏み入れない奈良の自然を味わってみられることを強くお勧めします。

 

るるぶ奈良’19 (るるぶ情報版(国内))

おとな旅プレミアム 奈良・大和路 (おとな旅PREMIUM)

奈良まちはじまり朝ごはん 2 (スターツ出版文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA