癒しにハーブ、自律神経の大切さ

ハーブは自律神経を整え癒しを実現する効果があります。人それぞれいつストレスがかかり精神的に不安定になるかわかりません。事前に自分の好みに合ったハーブを見つけておくのも大切です。

ハーブを飲む習慣をつけておくと、定期的に心身をリフレッシュできていいですね。


 

  • ハーブと自律神経について

たとえばジャスミンテイーの入ったカップに口を近づけると、

湯気と共に鼻粘膜を刺激する独特の香りが飛び込んできて

すぐに細胞に浸透し脳神経に到達します。

同時にちょっと変わった独特の味覚が舌から入ってきて、

お茶の熱さとともに微妙な刺激が体全体に変化をもたらしてくれます。

ものの数秒後にはカップを握ったまま癒しの世界に居るのです。 🙄

 

なんとなく落ち着いた気分で、ゆったりとして ‥‥

でも冷静に物事は判断できている。

これが自律神経を整えている瞬間なんだ!

そう思ったりもします。

その頃には癒しの世界にとっぷり浸って ‥‥。

 

ハーブの種類によっては、個々に独特の香りと味覚があります。

これが頭の中で差別化を図り、別の刺激として受け止める。

効いたと実感する瞬間でもあります。

 

  • 飲む習慣をつけることの大切さ

体調不良や精神的に不安定なとき、

自律神経のバランスが乱れている場合が多々あります

ハーブで心を落ち着かせ交感神経と副交感神経のバランスをもとに戻す。

そうすれば心身ともにリフレッシュできることになり、再び日常生活に笑顔が戻ってきます。 🙂

なお、ハーブと呼ばれるものには多種あります。

それにフレッシュとドライの二種があります

その辺も分かったうえで試してみるべきでしょう。

 

人それぞれ知らず知らずの間にストレスで心身疲れた状態に陥っているものです。

そうなってしまっては、自身の状態を冷静に分析できないのも事実です。

とすれば、定期的にハーブを飲む習慣をつけておくのも大事なことだろうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA