過食でストレス発散はできない

ストレスがたまると過食になり気味です。でもそれは逃げているだけです。ストレス解消にならないばかりか体調を崩しかねません。癒されるわけでもないのです。

ではどうすれば過食をやめストレス発散ができるんですか?


 

  • 過食は癒しにはつながらい

ストレスが溜まってくるとついつい過食になりがちです。

めちゃ食いですね 👿 !

もうやめようと思っても、やめてしまえばまたストレスが溜まった満たされない現実に逆戻りしてしまう。

食べている間は目の前にあるおいしいものに目がいきます。

食欲は本能 😀

でも本能を満たしたからといって、ストレス解消にはつながりなりません。

なぜなら、ストレッサーが消えてなくなってしまうわけではないからです

気分転換にはなる?

食事中はそうかもしれません。

癒しと似ている部分もありますね。

でも、決定的に違うものがあります。

それは、身体に悪いことをしているということです。

 

癒しは、心が洗われリセットできます

明日への活力がみなぎり、ストレッサーに立ち向かおうという気力が出ます。

でも過食は一時の逃げでしかありません

終われば、現実があるだけ。

戻りたくない! だから、ひたすら食べ続けてしまう。

害がないのであれば一手段と言えなくもないのですが、過食は危険です。

大食いすることにより、余分なものが体に吸収されます。

そして、体調を崩していく。

糖尿病、高血圧、高脂血症、‥‥

ではどうすればいいのか? 🙄

情報を検索してみると、いろんな人がいろんなことを書いています。

でも理屈で分かって直せれば何も苦労しないです。

いけないということを理解していても、できないから苦しんでいる。

先程書いたように、いくら過食をしてもストレッサーが無くなることはないのです。

そのストレッサーから逃げているという現実!

だから、根本的に解決するには自分の意思でストレッサーを消し去るしかない

そのために必要なのは立ち向かう心です。 それを目覚めさせる!

その時初めて背を向けていたことにも気付く。

 

  • 具体的にどうすればいい?

食べ続けるのです。

??? なに言ってんの? 🙄

そう自分が嫌になるまで食べ続ける。

このままではだめだって本気で思うまで!

そこから始まる。

もうこんなことはやめよう。

つくづくそう思う。

すると、ストレッサーに立ち向かう心がやってきます。

その頃には既に逃げるために食べることの虚しさに気付いているはず。

そうなれば過食は治まります。

ストレッサーはなにか?

うすうす気づいているはずです。

それを忘れたくて食べている。

食べると、血液が消化のために内臓に集中し、思考が手薄になる。

だから一時ストレッサーの存在感が弱くなるだけです。

食べ終わればまた元に戻ってしまうだけです。

※もちろんこの方法がすべての人に当てはまるわけではありません。自身の体験談を述べたのにすぎません。このようなやり方もあるというふうに捉えてください。どうしていいかわからない方に、一例として提供させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA