ゆるキャラのすすめ

ゆるキャラの世の中です。いろんなイベントに出かけても、必ずそこにはゆるキャラがいます。イベントを見てもらうため、まずゆるキャラに親近感を持ってもらおうと敷居を低くしているのかもしれません。憎めないキャラはそれ自体癒し効果があるようです。

イライラした時、ちょっと眺めてみてはどうでしょう。


 

  • キャラの時代変化

時代と共に人間が創造する人形とかぬいぐるみが変化してきました。

昔はリアルさを追求したものが多かった気がするのですが、

最近では癒しを感じさせるような、いわゆるゆるキャラという類のもので満ち溢れています。

総じて目と目の間が離れた、キテイちゃんに代表される顔が癒しを与えると言われていますが、

爆発的に増えているのも事実です。

それだけ世の中が殺伐としてしまったのでしょうか?

知的レベルが幼稚化したのではといううわさもあります。

いずれにしても、現代人に受け入れられていることは間違いありません。

 

  • ひこにゃんとの出会い

筆者が初めてゆるキャラに遭遇したのは、10年以上前に梅田デイアモールを歩いているときでした。

兜をかぶったねこのような姿に驚きました。

なんとも言えないユーモラスな姿に表情がほころんでしまったのを覚えています。

その後このゆるキャラ人気は全国に波及していったのです。

ひこにゃんです。

 

  • ゆるキャラの時代

その頃からご当地のゆるキャラがあちらこちらで出没するようになり、あっという間にすごい数になってしまいました。

たぶん今でも増え続けているのだと思います。

イベントが開催されるたびに見知らぬゆるキャラが登場して、うろたえることがあります。

ゆるキャラグランプリが開催されるに至りましたが、

開催も回を重ねているようです。

 

  • 癒し効果

冒頭でも書きましたが、キャラは時代とともに変化してきました。

最近のゆるキャラは、目と目の間が離れた癒しを感じさせるものが主体です。

イベントキャラとして登場し、集まった人にかわいいという印象を与え、イベントの敷居を低くする効果は当然あると思います。

キャラに人気が出れば、当然イベント自体にも興味を持ってもらえます。 両者一体なのです。

 

だとすれば、ゆるキャラ自体にその効果を期待してもいいのではないでしょうか!

つまり、ストレスがたまってイライラしているとき、ゆるキャラの写真やぬいぐるみを見るだけでずいぶん落ち着くかもしれません

ある時期パンダのぬいぐるみがずいぶん売れたことがありました。

これもあの白黒顔が憎めないのです。 愛らしい!

イラついているときも、パンダのぬいぐるみがそばにあると、なんとなくイライラも少しトーンダウンした気がしたものです。

もちろんこれですべてが解決するものではありません。

根本的な原因をどう解決するか、問題点の解決にはいくつもの紆余曲折があるでしょう。

しかし、まずは気持ちを安定させ落ち着かなければ、うまくいくものもいかないです。

そういう意味でゆるキャラ効果は無視できません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA