アロマ・香りって大切かも

アロマの世界は広いようです。香りを楽しみ、五感に訴えリラックスする。各国で生活に根付いているようです。森林浴のフィトンチッド効果はテルペンの香りの要素もありますが、アロマはさらに広範な材料が使用されているようです。

癒しの手段としてのアロマを一度試してみてはいかがでしょうか。


 

  • 香りの重要性

テルペンだけではなかなかこれという商品が引っかかってこないんです。

フィトンチッド効果から大事だというのは十分理解できるんですけど、

なぜか見当たらない。

やはり森に行くべきでしょうか?

それに比べ世の中にはアロマ系統の香りで癒す手法が満ち溢れています。

やはり香りって重要かもしれません。

  • なぜ?

たぶん具体的だからです。

臭覚に訴えることができる。 存在感があるんです。

で、意識できるし、実感がある。

だから、森林浴でも香りのするテルペン類はアロマテラピーの樹木系として確立されているんじゃないかと勝手に想像しています。

いい香りは癒しに通じるわけで、これには深いメカニズムがあるのでしょう。

この辺はいずれ判明すれば順次アップしていくとして、基本的に無臭の植物テルペンも類似の経路があるのかもしれません。

ただ製品化という面では、香りの存在はより具体的なんでしょうね。

  • ということで、少しアロマテラピーに軸足を移しますと、

前回のブログで分類を描きましたが結構種類があるわけです。

それはたぶん人それぞれ個性も違うし嗜好も違う。

生活環境も異なるし、仕事の種類も違うから、

受けるストレスも違う

だからバリエーションも豊富になってきたのではないかと思います。

そこでいろんな香りの中で効果のあるものがアロマとして生き残った、

そう考えるとなんとなく納得してしまいます。

でも、これだけ種類が多い(たぶん何百種類ってあるんでしょう)と、

一つ一つに細かく効能が書かれていますが、詳細は読んだだけではよくわかりません。

実際経験して、実感するしかないのでしょう。

けっこう奥が深いのでしょうねえ

 

でも香りって自分の好みもあると思います。

自分に合った香りってどれっていうことになってしまう。

でも逆に自分の好む癒しの香りを探すことが、楽しみになってしまうこともあるかもしれません。

それが分かれば、ストレスがかかってもあの香りを嗅げば癒しが得られるんだという自己暗示みたいなものも得られるんじゃないかと想像します。

  • でも、アロマって自分では一度も経験したことがありません。

どうも香りって実体がない。

物自体が目に見える状態で存在していれば、おいしかったとか何かあると思うんだけど、

香りはその点あやふやです

癒しというのも、気分的なものだし ‥‥

ストレスの症状として挙げられている、イライラや頭痛などが納まるという実感も、使ってすぐに効果が表れればはっきり意識できるんだけど、

森林浴も結局そういうことですよね。

都会の喧騒から離れて、一瞬別世界に身を置く

これが大切じゃないのでしょうか!

これを香りでやってしまうのが、アロマテラピーの特色の一つ

そう考えることにします。

できれば、一度経験してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA