癒しの実現 期待度 

ブログでは癒しの実現を個々に提案し、その内容紹介をおこなっています。

でも、各々に癒しの実現度には差があります。

つまり、容易に非日常性を体験できるものは癒しの実現がそれだけ期待できるものだと思います。

一方で、時間や費用の掛かりそうなものは、それだけ実現の期待度は低いでしょう。

非日常性の低いものもあります。癒しの質が低いことになります。

そこで、個々の非日常レベル容易に体感できるかどうかの2つの指標を考えました。

そして、個々のレベル判定を行い、具体的な位置表示することでイメージとしてとらえられるようにしています。

 

つまり、グラフからおおまかに4種類に区分けしています。

 非日常性が高く、なおかつ比較的容易に体験でき、癒しの実現を得やすい。

非日常性のレベルは高いが、これを体験できるのは時間や資金が必要かもしれない。

非日常性は低いが、比較的容易に体験できる。癒しの実現度はさほど高くない。

非日常性が低く、体験できるのに時間や費用を要する。したがって、不満足な癒しとなる可能性もある。

※ もちろん主観です。独断と偏見で実現度を色分けしてみました。
このような区分けが精神医学や世間常識なのかも不明ですが、少なくとも筆者の感じるところを形としたものです。
可能な限り、ストレスや人間関係に悩む方々に少しでも息抜きの場のヒントを提供でればと思い作成したものです。